『チェンクロ3』次回ストーリーフェスにSSR“ヒトリ”が登場

本作の最新情報やアップデート情報に加えて、開発陣のとっておきコラムが楽しめる連載企画“電撃チェンクロレター”の第1回をお届けします! “電撃チェンクロレター”では、次回更新ストーリーのあらすじや、次回ストーリーフェスに登場するキャラクターなど、『チェンクロ3』のメインストーリーにかかわる最新情報を掲載。シナリオ担当者が持ち回りでお届けするメインストーリーの裏設定が満載(?)のコラム“チェンクロ3裏日誌”も掲載します! 今回は、1月26日(木)に追加予定の“アマツ篇”&“セレステ篇”のあらすじ&スクリーンショットを掲載。ストーリー更新と同時に開催されるフェスの新キャラクターもご紹介しますので、あわせてご覧ください~。次回更新ストーリーのあらすじを紹介!アマツ篇ヘリオス篇と運命の交差! 聖王国へとたどりついたアマツたち。彼らを待ち受けていたのは、白き異形を引き連れた鬼たちであった。 襲いくる鬼と白き異形たち。その剣を受けたアマツは、彼らの様子がおかしいことに気がつく。 さらにベニガサはその集団に対して異様なまでに殺気立ち――。セレステ篇アリーチェ篇と運命の交差! 賢者の塔に保護されたセレステだったが、その不思議な身体に興味を持ったメルティオールに追い掛け回される。あまりのメルティオールの変態ぶりに、ヴェルナーたち魔法兵団が、セレステを守るべくメルティオールに刃を向ける! 一方、セレステを探して砂漠へとやって来たクーシャンとシーシャン。はたしてふたりは、妹の手がかりを見つけることができるのか? 賢者の塔で騒々しく過ごすセレステ。彼女はそこで、ヴォルクリスより与えられた最後の問いに答えを求める。賢者の塔を襲う白き異形に対し、セレステはこれまでにない戦意を見せる。しかしそれは、今の彼女には扱いきれない力だった。“セレステ篇”シナリオ担当者が語る!■チェンクロ3裏日誌「みんな大好きユグドさん」 今後セレステ篇では、ゲームの重要キャラクターである“ユグド”の秘密が大きなポイントに! そして主人公セレステの冒険によって、大樹の族長“アルボール”や黄果の族長“ポテンシア”など、1部・2部では明かされなかった森妖精たちの真実が明らかになる予定です。 セレステはなぜ精霊島に現れたのか、なぜクロニクルに彼女の記述が存在しないのか、そんな謎を解き明かしていくことで、ユグドの歴史のみならず、各地の大陸を含む世界の秘密が明らかに!?次回ストーリー追加フェスに登場する新キャラを紹介! 次回のストーリー追加フェスには、SSRの“ヒトリ”が登場! さらに、1月末の更新でSSR“アマツ”が上方調整されるとのことです。“忘れられた陽炎の民 ヒトリ”声優:遠藤綾/絵:村山竜大SSR ★★★★★/魔法使い(拳) 九領の火山の中で暮らしてきた、“火鬼”という忘れ去られた種族の子ども。火鬼種族は九領の文献に小さく残るのみで、他の種族や文化とは完全に切り離されていたため謎が多い。体の小ささからは想像できないほどの力を持っており、身の内に宿した炎と熱の魔力をそのまま相手に投げつける乱暴な戦い方を好む。 SSRになったヒトリは、どうやら炎属性の全体攻撃スキルを持っているようです。